古着をリサイクルショップで処分しました

古着をリサイクルショップで処分しました

着ない服が出来ると親戚に譲っていたのですが、いとこも大きくなり引き取り手がいなくなってしまいました。

 

捨ててしまうのはもったいないので、リサイクルショップに持ち込み引き取ってもらうことにしました。

 

持ち込んだのはTシャツ6点、パーカ−1点、チノパン2点でした。

 

高級ブランドで購入したものなどはなく、小さなセレクトショップで購入したものがほとんどです。

 

持ち込む前は特に有名なお店で買ったTシャツはある程度の値段で買い取ってくれるのではないかと思っていました。

 

持ち込んだ後は身分証を確認し、同意書を書いてから見積もりとなりました。

 

数が少なかったためか待ち時間なく見積もりは終了しました。

 

見積もりの結果加圧シャツのスレンダーマッチョプラスが500円、Tシャツは5枚で100円、パーカーは500円、チノパンは2点で300円になりました。

 

パーカーはよれていましたし、あまり有名でないブランドだったため驚きました。

 

どうやら肌に直接身に付けるようなシャツ類はあまり値段がつかないようでした。

 

パーカ−やジャケット、パンツ類は値段がつきやすいと説明がありました。

 

捨てるはずのものがお金に変わったので、値段にはあまりこだわりはありませんでした。

 

やはり捨ててしまうのは抵抗があるので、これからも不用品はリサイクルショップに持ち込みたいと思います。